« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月20日 (土)

バジルペースト

先日、近所で「ちいさなこだわり生活」を送っているokoさんちに招待され、マイケルを連れて遊びに行ってきました。

今回は家庭菜園で育てているバジルとこだわり素材をふんだんに使ってバジルペーストを作るそうです。

我が家のバジルも収穫して(図々しくお持ち帰り用)oko邸に向かいました。

「こんにちは~!あそびにきたよ~」

Dsc_0378

ちなみに今回着ているマイケルウェアはマイママの作品第2号です。

(ちょっとアピールconfident

  

庭の畑では使用人らしき人が今回使用するバジルを収穫していますclub

Dsc_0429

  

バジルペーストの作り方についてはちいさなこだわり生活「バジルペースト」をご覧ください。

にんにくを剥くと辺りに香ばしいにおいがたちこめます。

これにはさすがのマイケルも我慢できません。(何のさすが?)

「なになに~~??」

Dsc_0334

  

「それいいにおいがするね~。たべたいよ~」

Dsc_0337

だめだめ、生にんにくは君にはつよすぎるからね!

  

「え~!それたべたいよ~」

Dsc_0344

マイケルの食い意地には1歳年上のいとこ、Uちゃんも半分あきれ顔ですdespair

今作ってるところなんだからおとなしく待ってなさい!

  

「ちぇ~っ!いじけてやる~。あれ?足にごみがついてる」

Dsc_0362

細かいことを気にする男です。

  

okoさんとマイママがバジルペーストを作っている間、子供たちに遊んでもらいました。

「それ、ぼくの大好きないちごボーロちゃんだ~、ちょうだ~い」

Dsc_0366

  

「はやくちょうだいよ~」

Dsc_0367

目がランランです。

  

庭においてある子どものリヤカーを発見。

雨水がたまっているのが気になったようです。

マイケル~、それ雨水だから飲んじゃダメだよ~!

「う~ん・・」

Dsc_0369

あっ!coldsweats02

Dsc_0370

やっぱり~sadがまんできるわけないか~

  

今度はメダカが飼われている鉢をみつけましたeye

マイケル~、何ニコニコしてるの~?

それはほんとにダメだからね~pout

Dsc_0379

「ぼくそんなに悪いことしないよ!」

  

よし、えらいぞ。じゃあお庭で遊んできな。

「ほ~い!」

Dsc_0395

  

ドッグランのようにきっちり整備された庭を存分に走り回りましたrun

Dsc_0394

  

しばらく遊んでいました。

・・・が、マイケルが見当たりません。

 

ん?どこいったんだ~

 

マイケル~!

  

あ、まさか・・・

 

いたっ!

Dsc_0388_2

「ん?なに?coldsweats01

 

料理の進行具合が気になるみたいでたびたび様子を見に来ます。

「ねえ、まだできないの~?」

Dsc_0398

  

そうだ、子どもたちとお散歩にいってきな!

ということで、リードを装着し、姉妹とお散歩体験です。

出口の階段へ。

Dsc_0400

  

「だから~、ぼく階段おりるの苦手なんだってば~wobbly

Dsc_0401

そうです。あの悪夢が思い出されましたshock

  

なんとか、階段を下りて。

いってらしゃ~い。気をつけてね~danger

 

Dsc_0403

  

戻ってきたら進行具合を即チェックです。

「バジルペーストまだ~??」

Dsc_0409

  

「まだかな~、下で待ってよ~」

Dsc_0412

こら~、しつこいぞ!できたら呼ぶからお庭で遊んできな~

 

「りょうかいで~す!」

Dsc_0425   

  

ノーリードも慣れたもので敷地内を元気いっぱい走り回ります。

Dsc_0441

  

ボール遊びもしました。

Dsc_0453

 

そうこうしてる内にようやくバジルペーストが完成したようです。

  

マイケル~、バジルペーストできたよ~

にんにくやチーズのたっぷり入ったバジルペーストをペンネパスタにからめていただきました。ペンネのモチモチ感と濃厚なバジルペーストが絶妙にマッチしてめっちゃおいしかった~restaurant 

Hi380082001

  

はい、お待ちどう。マイケルもどうぞ!

Hi380083001

  

「え~!!ぼくのシンプル~~!!バジルは?ペーストはどこ??」

Dsc_0423

マイケルには味が濃すぎるからノンペーストよっwink

いやなら食べなくてもいいよ~

  

「いえいえ、ぜったいいただきます。パクッ」

Hi380081001

食べ物に関しては細かいことを気にしない男です。 

 

okoさんごちそうさまでした~happy01

こども達も遊んでくれてありがとう~soccer

あ、使用人の方もご苦労さまでしたspa

とってもおいしかったで~すfull

  

  

  

  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

わんわんプール

前回のつづきですが・・・。

名犬牧場の中にあるわんわんプールにやってきましたwave

基本、水は苦手な男です。

ボールをプールに投げてもプールサイドを歩きまわるだけで精一杯ですcoldsweats02

Dsc_0038_8  

 

なので強引にプールに入れてみました。

Dsc_0030

  

ほらマイケル~、泳いでみな~

 

「え~?むりむり~」

Dsc_0028

  

とりあえずプールの水を味見をしてみました。

Dsc_0026_2

 

なんとか泳がせようとボールを前におとして深い方へ誘導してみます。 

Dsc_0034

  

しかし・・・

「ぼくうごけないよcrying

Dsc_0036

すっかりびびってしまったらしく微動だにしませんconfident

  

  

こうなったら仕方ありません。

スパルタ教育です。

嫌がるマイケルを泣く泣くお水に浮かべてみました。

すると足をバタバタさせて沈むのを嫌がり大暴れです。

Dsc_0039 

  

心を鬼にして手をそっと放してみました。

すると・・・

Dsc_0040

なんと!教えてもいないわんわん泳ぎをはじめました。

おみごと!!

本能ってすごい!

  

もう一度やってみました。

Dsc_0041

  

驚きと感動で?人間たちは大笑いでしたがこの人は真剣です。

Dsc_0043_2

  

見よ、このまなざしeye

Dsc_0043_3

  

何度もやってみました。

見よ、この華麗な泳ぎっぷりを!

Dsc_0044

  

これでもかってくらい何度もやってみました。

Dsc_0045

  

「順位は!!??」

Dsc_0049

なんと優勝です。

一匹しかいないので・・・。

  

  

満足げにプールサイドに上がるマイケル。

Dsc_0055

  

優勝の感想はどうですか?

Dsc_0057

  

室伏マイケルからキタジマイケルに名称変更ですhappy01

 

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

名犬牧場

今回は「世界の名犬牧場」にマイケルを連れて遊びに行ってきました。

以前にも行ったことがあるのですがその時はマイケル待ちの時期でお散歩体験しようってことで来たのでした。たくさんのわんこの中から好きなわんこをレンタルして園内をお散歩できます。

今回はマイケルというおっさんをレンタルしました。北関東最大といわれるドッグランで大はしゃぎです。

あれっ?マイケルはどこ??

Dsc_0001

  

いました!たのしそうですhappy01

Dsc_0001_2

「ちょっと~!アップにしないでよ~~。ドット粗いよ~」

 

しばらく自由に遊ばせていたのですが・・・。

 

 

あんまり自由に走り回って戻ってこないので・・・

強制連行です。

Dsc_0003

「またか!」

 

マイケル、喉かわいたかい?

Dsc_0006

「うん、ミルクのみたいよ~」

  

何ぜいたく言ってるの!お水に決まってるでしょ!

Dsc_0011

「ちっ!しょうがないな。」 ペロペロ

 

そうこうしているうちに他のわんこが遊びに来ました。

ミニチュアダックスとチワワちゃんかな?

そして立ちすくむ男coldsweats02

Dsc_0019

  

「わ~~!こわいよ~~」

Dsc_0020

自分で戻ってくるのはこんな時だけです。

 

向こうからそばにやってきました。

いつでも逃げられるように相手をよく観察しますeye

Dsc_0022

  

しばらくするとわんこ達はわんわんプールの方へ行ったので、またひとりで自由に遊べます。

Dsc_0073

「ちょっと~~、おデブに撮らないでよ~」

  

ワンコ用のチェアがあったので休憩がてら撮影会です。

おっいいねその表情!

Dsc_0079

  

いいよ、いいよそのまま~

Dsc_0083

  

うん、いいねいいね~

Dsc_0099

 

「まだ~?疲れたよ~、どこが休憩だ~」

Dsc_0094

  

平日ということもありとてもすいていたのでのんびりできました。

Dsc_0127

  

せっかくなので世界の名犬たちを見ていこうということで、まずは大型犬コーナーに行ってみました。

見たことのない白黒の小僧(またはおっさん)がきたのでみんな興味津々で集まってきました。

Dsc_0129

  

柵の間からすごい迫力で吠えてきたのでマイママもびびってのけぞってしまいました。

Dsc_0132

  

マイケルもがんばって近づきますがやはりダメです。

「みなさん、これはすごい迫力ですぞ!」

Dsc_0139

  

そしてついにびびってちびってしまいました。

Dsc_0147

「ちがうよ!マーキングだい!」

  

今度は安心して近づける小型犬コーナーです。

先ほどのと比べるとかわいいね~~

しかし、残念ながらマイケルはこのコーナーには入れません。

みんな興奮して吠えまくるからです。

Dsc_0150

中型犬コーナー

Dsc_0151

  

「僕つまんないから芝生の上で遊んでよ~」

Dsc_0156

  

「ちょいちょい、ピント芝に合ってるよ!」

Dsc_0159

「ちゃんと撮ってよ~」

Dsc_0161

  

よし、あの飛行機の前で撮影だ!

「どう?きまってる?」

Dsc_0170

きまってますよ~

 

そこからしばらく歩くと似た感じのわんこがいました。

不思議とこの子には安心して近づいて行きました。

クンクン

Dsc_0174

  

せっかくなので一緒に記念撮影です。

ほら~、お互い恥ずかしがってそっぽむかないの~!

Dsc_0176

 

石造とはもう少しでお友達になれそうです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

恐怖!二千階段

前回のつづきです。(またかっ!)

近くに二千階段と呼ばれる遊歩道があるという情報を入手しさっそく向ってみることに。

Dsc_0109

見るからに恐ろしい入口に立ち、若干ひるみましたが、せっかくなので途中まで行ってみることにしました。

 

地図によると展望台まで12分。そこまで行ってみようということになりました。

Dsc_0111

  

心配なのはマイケル。今日はこれまでに結構歩いてるので体力がもつかどうかcoldsweats02

「ケケケ、ぼく余裕だよ」

Dsc_0113

と言ったかどうかさだかではありませんがとりあえず進んでみましょうrun

 

藤棚のトンネルをくぐっていきます。咲くころまた来てみようnote

Dsc_0116

 

 

思ったより元気なマイケルはすすんで階段を上っていきます。

「はやくいこうよ~delicious

Dsc_0119

 

 

「ちょっと~~。うしろからばっかり撮らないでよ~pout

Dsc_0120

 

 

階段を上るのは得意なマイケルはテンポよく進んでいきます。

※上るのはね

 

 

「たのしいね~happy01」  無邪気です。

Dsc_0122

 

  

10分くらい上って来て振り返るとけっこう高いところまで来ています。

あれ?展望台まで12分って書いてなかったっけ?もうすぐかな。

Dsc_0124

 

  

しかし上を見るとまだまだありそうです。気温と湿度がかなり高くだいぶバテテきましたwobbly

しかも辺りが暗くなってきて蚊もでてきました。

かゆいよ~~down虫除けしてくるの忘れた~sweat02

Dsc_0125

  

  

「ひゃ~まだあんなにあるの??」

Dsc_0126

さすがのマイケルもペースダウンです。まっ、さすがってほどでもないですがね・・。

そしてその頃からマイパパは一つ心配なことが頭をよぎっていました。

 

  

「まってよ~。おいてかないで~」

がんばれ~、展望台までもうすこしだぞ。

Dsc_0128

 

  

そこからさらに10分ほど上ってきて上を見上げると・・・。 

Dsc_0132

げ~~!まだまだ先がみえない~~

12分での展望台はいずこへ~

 

  

下を振り返るとマイママとマイケルは階段にへたれこんでいました。

Dsc_0134

  

  

よし、2人の分まで頑張って展望台まで行って絶景をカメラにおさめて来よう!

そう誓ったマイパパは1人で階段を上りはじめましたfoot

そしてついに700段まで到着。展望台は!?

ゲッ~~~全く先が見えない!

Dsc_0135

そのときマイパパは誓いました。

引き返そうと・・・

  

 

「あ、帰ってきた。展望台はどうだった??」

Dsc_0141

う、う~ん。まあまあだったよcoldsweats01

  

  

よし、そろそろ下に向かっていこうか。早くしないと日が暮れちゃう。

ん?どうしたの?いくよ・・・。

  

マイパパの心配は的中しました。わかってはいたんですが・・・。

「ぼく、階段おりられないよー」

Dsc_0142

おねがいします、下りてくださいshock

  

「へへへ~むりむり!」

Dsc_0144

しばらく説得が続けられましたが岩のように動きませんでした。

  

  

そして、この結末です。

Dsc_0145

10㎏近い筋肉の塊をかついで下る恐ろしさ。しかもメチャクチャ暴れる。

重い・暑い・かゆい!!!

最悪です。真剣に後悔しました。

疲れても休むと蚊が集まってくる

早く下りたいから筋肉くんをかつぐ(重い!)

えらい勢いで暴れる(暑い!)

だからっておろしても歩かない

蚊が寄ってくる(かゆい!)

動きたいけど抱っこさせない(イラつく)

階段は永遠とつづく

少し意識が遠くなりましたgawk

まさに恐怖の二千階段。

  

もうダメだ。ちょっとは歩いてくれ~

Dsc_0146

テコでも動きません。

  

顔は写っていませんが完全ブチ切れてます。

「おろせ~~~」

Dsc_0147

  

  

そしてついにこの始末です。

Dsc_0149

なにかいろんなことがあきらめられる、そんな不思議な瞬間でした。

 

  

と、なんとか夢のような階段を下ってきた一行は下に小川が流れてるのを発見しましたeye

よし、あそこまで行ってみよう!(元気やね)

Dsc_0150

  

よほど暑かったのか怖がりなマイケルがどんどん水の中に入っていきました。

Dsc_0198

  

  

「つめたくってきもちいい~」

Dsc_0203

 

「一緒に入れば~」

Dsc_0208

と言ったかどうかさだかではありませんが、マイパパが入りたかったのは事実のようです。

  

心を癒す、こんな写真を撮ってみました。

Dsc_0218

  

長かった1日がようやく終わりました。

 

「ぼく、たのしかったよ~~」

Dsc_0222

  

  

僕も!!!angry

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »