« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月28日 (水)

アイアイダック

少し前のことですが。

マイママのママのママの家はとても山深い所にあります。

そこへ遊びに行った時のお話です。アイアイダックに会いに・・・。

数年前まで民宿を営んでました。

「ここかあdash

Dsc_0102_2

 

「こんにちは~」 

Dsc_0019

 

誰も出てきません。

「なんだ、いないのか。じゃあちょっと辺りを散策して来よう。」

Dsc_0017

 

「ん?何か黒いのがいる!宅急便か!?」

Dsc_0021

 

「一匹か。勝算はあるな。」

Dsc_0022

 

「いっくぞ~~!目線をそらして。 ナナメ下45度キープ!」

Dsc_0023

 

宅急便は去っていった。

「ぼくにびびってね。」

ちがいます。君の横にいる人間にびびってです。

Dsc_0025

 

山道だってお手の物

Dsc_0026

 

ここでは高い標高を利用して山菜を育てています。

これはこごみという山菜です。食べるには葉が開く前に収穫します。

Dsc_0029

 

散水用のホースについている蛇口の脇からピュ~と水が漏れているのを見つけました。

Dsc_0034

 

「ぺろ」

Dsc_0032

 

「山の水、うまっ!」

Dsc_0033_2

 

ぷりケツ

Dsc_0038_2

 

フキが生えているところを見つけました。

Dsc_0039_2

 

「わー!」

Dsc_0041_2

 

だれだ~!畑を荒らすのは~

「うわ~!つかまった~bearing

Dsc_0043_2

 

「ごめんな~い!」

Dsc_0045

 

玄関前には樹齢100年の赤松にマサキという木が巻きついた天然記念物のシンボルツリーがあります。

Dsc_0048

 

「あ、おじさん。さっきはごめんね!」

 Dsc_0051

 

「おばあちゃんはじめまして」

Dsc_0054

 

おやまあ、あんたおもしろい顔してるね~happy01

「うまれつきです。」

Dsc_0055

「おばあちゃん、こんばん泊めて~」

Dsc_0057_2

 

「お願いします」

Dsc_0058

 

いいよ。泊っていきな。

「やった~。泊めてくれるって!」

Dsc_0059

 

何言ってるの?マイケルのごはん持ってきてないよ。

「そうなの。じゃ帰ります。」

Dsc_0062

 

せっかく来たんだから庭で遊んでこよう。

Dsc_0079

 

イキイキと歩きます。

Dsc_0087

 

花が咲いてるよ。一緒に写真撮ろう!

「え~!やだよ~down

Dsc_0091

 

こっちに白いのもあるよ。

Dsc_0097

「やる気な~し。服ズリあがってるしpout

 

 

「プールにだれかいるよ~」

Dsc_0106

 

これはプールじゃなくて昔しいたけを植えつける原木を洗ってたところだよ。

「ふ~ん、知らなかった~」

そしてこれがアイアイダックと呼ばれる謎のアヒルだよ。

「へ~これがうわさのアイアイダックってやつですか~」

Dsc_0108

 

「こんにちは~。チュッheart01

Dsc_0109

 

よし!じゃあ外に出して一緒に写真撮ろう!

ハイ、チ~ズ「パシャッ」

Dsc_0068

 

じゃ、そろそろ帰ろうか、おばあちゃんにあいさつしてきな。

「おじゃましました~。今度はごはん持って泊りに来るね~」

Dsc_0111

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

満六か月

マイケルもついに満六か月を迎えることができましたfull

というわけで急きょケーキでお祝いをすることに。

マイケル、誕生日?おめでとうhappy01

「ど~もで~す。なんかくれるの?」

Dsc_0104

 

今日は特別にケーキを買ってきてあげたよ。

Dsc_0105

 

「わ~、おいしそ~note早く食べたいよ~」

Dsc_0108

 

「はやく、はやくうううう~dash

Dsc_0110

 

はい、おまたせ~

「ほお~~、これがうわさのケーキってやつですか」

Dsc_0114

 

「クンクン、いいにおい~happy02。」

Dsc_0115

 

「いっただきま~す。とりあえず味見でひとナメ。」

Dsc_0118

 

「うん!おいし~good。じゃ、遠慮なくガッツリいかせていただきます。」

Dsc_0120

 

Dsc_0122

 

Dsc_0123

 

「ほほほ~~、こりゃたまらんね」

Dsc_0124

 

スポンジ、おいし~~

Dsc_0128

 

ぺろっ

Dsc_0129

 

ガツガツ

Dsc_0135

 

「もう終わっちゃうよ~sweat02ぺろぺろ」

Dsc_0143

 

はい食べ終わったね。かたづけるよ。

「え~まだ周りをぺろぺろしてないよ~~」

Dsc_0149

 

え~!まだなめるの~~??しょうがないな~

「だってもったいないじゃ~ん。ぺろぺろ」

Dsc_0154

 

そして六ヵ月になったマイケルのただいまの体重6.5キロです。

「え~~!!僕そんなに大きくなったの??」

Dsc_0102

 

1月にはこんなだったのにねheart04

Cimg0108

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

庚申山2~最後の砦~

ミニ動物園を後にしたマイケルは最後の目的地に向かいました。

しかし、ここにはマイケルが未だ経験したことがない難関が待ち受けていることを知るよしもありませんでした。

走るマイケル。

Dsc_0062_2

先を考えずひたすら走るrun

Dsc_0063

つつじの咲く道に出ました。

Dsc_0074 

以前通ったことのある橋を渡ります。(庚申山参照)またかっ!

Dsc_0078

 

ちょっと一休みsweat01

歩くことがとても苦手なマイケルはさすがに疲れてきました。

Dsc_0077

 

さっき渡った橋が向こうに見えます。

じゃ写真撮ろうか。 

はいチ~ズ、パシャ!

Dsc_0082

まぶしいよ!へたくそ!

 

僕、早く帰りたい・・・weep

Dsc_0084

 

雰囲気のいい小道を歩いていきます。

しかしt疲れたマイケルには全く関心がありません。

Dsc_0079_2

 

そこから少し行くと最大の難関がマイケルを待ち受けていました。

なんじゃこりゃ~~!!wobbly

マイケル呆然。

Dsc_0087

歩き疲れたところに生まれて初めての階段。

そうです。マイケルは階段を上ったことはないのです。

さあ、どうするマイケル!!

 

 

イッタレ~~

Dsc_0088

よし!えらいぞマイケル!

Dsc_0091 

 

えっさ、ほいさ。

Dsc_0092

がんばれ、もう少し。

 

きついよ~wobbly

Dsc_0093

頂上がみえたあhappy02

Dsc_0094_2

 

そしてついに・・・

登頂成功おめでとう!fuji

すかさず食べ物が落ちてないかチェックします。

Dsc_0095

 

上りきったところにある池の中に何かを見つけましたeye

Dsc_0067

マイケル「あ、コイだ!おいしそうlovely

Dsc_0068

こらマイケル、コイは生じゃ食べられないのよ、鯉コクにしないとね。

やばっ!マイケル食い意地がうつってきたsweat02

さあそろそろおうちへ帰ろうか。

う~、またこの長い道のりを歩くのか~crying

Dsc_0069

 

最後の力を振り絞って歩き出しました。

途中、休んでいるネコ軍団を何度となく見つけましたが

Dsc_0098

目もくれませんでした。

 

マイケル「ねえ、ここワープできる穴があるよ。」

Dsc_0099

行くよ!

 

ところが、もうすぐ駐車場っていうところまで来て、ついにマイケルの足が止まりました。

Dsc_0104

どうしたのマイケル?もうすぐだよ。

 

あ、あしが~~

Dsc_0106

 

つっぱってうごかないよ~wobbly

Dsc_0107

マ!マイケル~~足が変な方向いてるよ~

だいじょうぶか~??

 

おつかれさんでしたmotorsports

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

庚申山2~ミニ動物園へ行く編~

ネコ集団との激闘を征した(つもり)のマイケルは以前にも立ち寄ったことのあるミニ動物園(庚申山参照)に向かいました。ミニ動物園は山の小道を抜けたいちばん奥にあります。

Dsc_0031

ヤギさんたちに会えるのが楽しみなのか足取りが軽いマイケルnote

Dsc_0032

 

マイケル「あ、看板があるよ。あっちだ急ごう!」

Dsc_0054

 

「クンクン、これは何かな?ぼくの大好きなヤギミルクかな?」

Dsc_0034

そんなわけないだろ!早く行くよ。

 

山道を歩くこと20分。ようやくミニ動物園が見えてきました。

マイケル「お!この看板見覚えがあるぞ。もうすぐだnote

Dsc_0035  

 

すると、またしても予期せぬ出来事がマイケルを待ちかまえていました。

Dsc_0048

マイケル「ねえねえ、あれ何て書いてあるの??ぼくフランス人だから日本語よめないよ~。」

Dsc_0044

ちょいと!きみはフランス人でもなければ人でもないよ。どっちにしろ字は読めないでしょ!

と作者の勝手な突っ込みをまじえつつ

マイママ「本日終了だって。マイケルがネコ軍団にケンカ売ってるからだよsad

「が~~ん!!てことはヤギさんに会えないの??  やっちまったな~~」

Dsc_0047  

 

 

しょうがない、正面は閉まっているけど外からのぞかせてもらおうか。

わきからさらに奥に進むとヤギさんがしまわれている小屋が見えました。

ヤギA 「ん?仕事終わったのにだれか来てるぞ」

ヤギB 「お、ほんとだ。あれ?あいつ前にも来たことあるぞ。」

Dsc_0037

 

足の間から恐る恐るやぎたち見ています。

Dsc_0043

柵の外からだったのでマイケルを抱っこして見せてあげました。

Dsc_0042_2

マイケル「あ、ぼくと同じパイドがいる!」

マイママ「ほんとだ。クリームとフォーンもいるね。」

Dsc_0038

もしや、あれがマイケルのルーツかも・・・。

マイケル「え?祖先はヤギさん??う~ん歴史は深いね」

Dsc_0040

 

じゃ、ヤギさんとも会えたし、そろそろ帰ろうか。

帰り道は山を下っていきます。

Dsc_0050

ん?遠くに見えるのは前に行った藤の咲く丘の芝桜のところじゃない?

マイケル「あ、ほんとだ岩盤浴したところだspa

Dsc_0053 

マイケルスコープ!

Dsc_00532   

へ~じゃあ向こうからもこっちが見えたんだね。

 

新発見をしたマイケル足取りも軽く、小走りに次の場所へ向かいました。

「マイケル走っちゃダメだよ。」

Dsc_0056

 

「マイケル、飛び出しちゃダメだよ。」

Dsc_0058

交通ルールを守れるマイケルくんでした。danger

 

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

庚申山2~ねことの格闘編~

先日、マイケルを連れて2度目の庚申山に行ってきました。

車をおいて駐車場から歩いて入口に差し掛かったところで一匹のネコがいました。

そのネコはマイケルのことが気に入らなかったのか厳しい目で睨みつけてきましたeye

売られたケンカは買うのが男。果敢に立ち向かっていきました。

マイケル「おう!おう!なんか文句あんのかい?」

意気込むマイケル。

Dsc_0023_2

「オレを誰だかわかってんのかい!?マイケル様だぞ!ナマイキ言ってると怒っちゃうよ!」

Dsc_0024

マイケルの迫力に根負けしたのか少しひるんだネコは辺りに向かって叫びだしました。

「お~い!みんな集まれ!!生意気なよそ者がいるぞ~!」

Dsc_0025

マイケル「・・・え?みんな??あなたお一人ではありませんの?」

するとあたりから何やら近づく気配がします。

焦るマイケル。少し呆然sweat02

Dsc_0026

 

「ねえねえそろそろ先へ進みませんか?ミニ動物園が閉まっちゃいますよ」予期せぬ展開にマイママに訴えるマイケル。

Dsc_0027

 

ネコ仲間「どうした、どうした。なんだい、その生意気な牛ちゃんは?しかもお洋服着てるじゃないの」

たっくさんお仲間が集まってきました。

Dsc_0028

ここで引き下がれないのが男ってもの。果敢に立ち向かっていきました。

「なんだなんだ、やるのか?何人相手でも相手になるぞ!!」

Dsc_0029

 

 

 

と立ち向かう素振りを見せておきながら・・・

 

マイケル「逃げろ!!」

いちもくさんに立ち去るマイケルでした。

 

マイケル「今回は勘弁してやるか。」

Dsc_0030

負けず嫌いのビビりマイケルでした。めでたし、めでたしspa

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

藤の咲く丘

毎年この時期になると「藤の咲く丘」にたくさんの藤が咲き乱れます。

ちゃんと歩いてくれるか心配しながら藤を見にマイケルを連れてやってきました。

Dsc_0089

この日はまるで今までとは別人?別犬のようにとてもテンポよく歩いてくれました。ようやく歩くことに少し慣れてきたのかな?

はじめての藤の木に興味津々のマイケル。

Dsc_0091

      

      

ほほ~、白いのもあるね~おいしそうだね~catface

Dsc_0093

「マイケル!食べ物じゃありませんよ!」

          

            

藤の木々をすりぬけて少し歩いて行くと芝生の中に芝桜が広がった丘の上にやってきました。その間にある石の上を慎重に下りてきます。

Dsc_0104

   

   

くんくん、つねに食べ物が落ちていないかのチェックは怠らない。

Dsc_0102 

    

    

    

    

ん??この赤いじゅうたんみたいなものは何だ?もしや食べモノ?

「ちがいます、芝桜です。うちにもあるでしょ!」

Dsc_0100

    

    

う~~ん。いいにおいがするね~note

Dsc_0101

    

    

今日は天気もいいし石があたたかくて気持ちいいな~~

ここは絶好のベッタンポイントだ。

と、ここで得意技が。

Dsc_0105

う~~ん、岩盤浴みたいでサイコ~~spa

至福の顔のマイケルhappy02

Dsc_0107

   

    

う~ん、いい景色。

Dsc_0004

    

    

   

おっ!今度はボール遊びかい!?

Dsc_0007

    

      

それよりたくさん歩いたから喉かわいたよ~。お水ちょうだ~いsad

ぷはっ!やっぱ野外の 一杯はサイコーだねhappy02

Dsc_0005

   

      

石段をおりて下まで歩くと藤のアーケードを発見!

    

    

おお~きれいだね。あれくぐりたいよ~

Dsc_0009

   

    

おお~~~。すっ!すげ~~

Dsc_0020

   

      

うっ!うまそ~~!

Dsc_0016   

「こら、マイケル。ぶどうじゃないのよ!」

Dsc_0019

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

ドッグカフェ

今日はマイケルを連れて前々から気になっていたドッグカフェに行ってきましたcafe

以前群馬のフレンチちゃんのブログを見て行きたいな~って思ってました。

お店の名前は「NOiR CAFE」。場所は高崎の駅前通りを東に来た所にあります。

とっても素敵な店内とオーナーの方に迎えていただきました。happy01

Cimg0912

あいにく看板犬のNOiRちゃんはお留守でしたがかわいいキャバリアちゃんがいたのでご挨拶を・・・。

本格的な料理とドリンクに大満足restaurant

マイケルも手作りミートローフをご注文。ささみや野菜がたくさん入っていてはじめてのおいしさにあっという間にたいらげて

Cimg0897_2

もっと欲しい光線出しまくりeye

Cimg0898

そんなマイケルにオーナーさんのお心遣いでクッキーのプレゼントheart01

Cimg0909

「わ~い、ほしいほしい!!」

Cimg0908

オーナーさんにこのカフェにくるワンちゃんの写真をみせてもらいました。

けっこうたくさんのフレンチちゃんが来ていることにびっくり。

お店には夕方に行ったのですが昼間は二匹のフレンチちゃんが来ていたそうです。会いたかった~weep

いろんなお話ができてすっかりゆっくりしてしまいました。

マイケル、帰るよ~

「え~もう帰っちゃうの??もっといたいよ~~」

Cimg0917

また来ようねcherry

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »